セカンドパートナーは既婚の元カレがおすすめな理由!関係を築くコツは?

セカンドパートナーは既婚の元カレがおすすめな理由!関係を築くコツは?

セカンドパートナーを探したいと思った時、新たに知り合った男性を探すのはなかなかハードルが高いですよね…。

既婚の元カレをセカンドパートナーとして選ぶことには数々のメリットがあります。

既に知り合いなので、新たな出会いを探すストレスを感じることなく関係を築くことができます。

さらに、過去に付き合った経験からくる信頼感もあり、何よりも割り切った関係を築くことが可能です。

しかし、既婚者とのセカンドパートナー関係は、お互いの配偶者に多大な影響を与える可能性があるため、セカンドパートナーとして元カレを選ぶ際は慎重になるべきです。

この記事では、セカンドパートナーに既婚の元カレがふさわしい理由と関係を築くコツについてまとめました。

目次

セカンドパートナーに既婚の元カレがふさわしい理由

セカンドパートナーに既婚の元カレがふさわしい理由

セカンドパートナーに既婚の元カレがふさわしい理由は、以下のとおり。

  • 新たに出会いを探す必要がない
  • 気心知れた仲である
  • 割り切った関係を築ける

新たに出会いを探す必要がない

セカンドパートナーとして元カレを選ぶ最大のメリットの一つは、新しい出会いを探す手間が省けることです。

過去に付き合っていた信頼関係をがあり、関係性の基盤がすでにできています。

セカンドパートナーとしての関係を発展させるうえで、必要な時間と労力を節約できます。

通常だと、セカンドパートナーを見つけるためにマッチングアプリやSNSを利用し、セカンドパートナーを見つける人が多いです。

初めて知る人に、自己紹介や趣味など個人的な情報を共有しなければならないのは、リスクも高いですよね。

元カレをセカンドパートナーに選ぶことで情報交換に伴うストレスを避けることができます。

既婚の元カレをセカンドパートナーとして選ぶと、どんな人かをすでに理解しているため、新たな経験を共有するだけでなく、深い人間関係を維持することができます。

気心知れた仲である

セカンドパートナーに既婚の元カレがふさわしい理由|気心知れた仲である

元カレをセカンドパートナーとして選ぶもうひとつのメリットは、予め相手の性格や習慣、趣味などが把握できているという点です。

これは、新しい関係を築くときに起こり得る微妙な誤解やスキャンダルを減らすことができます。

経済や家族状況など、より深く知るべき情報もすでに知っているため、期待外れの状況やがっかりする体験に遭遇する可能性も低くなります。

過去の関係を反省し、その経験を次の関係に生かすことで、お互いのことをより深く理解することができます。

これにより、お互いが成長してきた経歴と共に新しい関係に進むことで、より成熟した交際を体験することができるでしょう。

さらには、過去の経験からお互いの弱点を理解し、それを補完し合うことが可能になります。

特に長い間分かれていた場合、それぞれがどのように成長し進化したのか、元カレを再評価する機会にもなります。

元カレとの関係は一度終わったということは、再構築する過程で発生する可能性のある問題を考慮する必要があります。

しかし、既に知っている相手との新たな関係は、初めての関係に比べてはるかに安定しており、お互いに寛大で理解ある関係を築くことができます。

割り切った関係を築ける

セカンドパートナーに既婚の元カレがふさわしい理由|割り切った関係を築ける

セカンドパートナーとして既婚の元カレを選ぶ大きなメリットは、割り切った関係を築くことが可能であるという点です。

これは、既婚者という彼の現状と過去の恋愛関係から来る理解を元に、お互いが求める関係性を明確に設定できるためです。

これにより、双方の期待が明確になるため、関係が混乱したり曖昧になることが少なくなります。

また、既婚の元カレとの関係は、元カレ自身が現在の家庭生活や他のコミットメントとのバランスを取るための努力が必要であるという点でも、割り切った関係を助けます。

これにより、セカンドパートナーとしての彼の役割と、彼が既婚者であるという点を理解しやすくなり、無理な期待をすることなく関係性を保つことができます。

ただし、割り切った関係にも、元カレとの個別の関係性や既婚者としての彼の状況を考慮する必要があります。

また、元カレと再び交際を始めることで、過去の問題が再燃する可能性もあります。

そのため、セカンドパートナーとして既婚の元カレを選ぶ場合は、他人の感情や状況に配慮しながら、公平な関係を築くために最善を尽くすべきです。

これらの視点から、元カレをセカンドパートナーとして選ぶことには一定のメリットが認められますが、それは彼が既婚者であるという事実を忘れず、お互いの立場と状況に配慮することが重要です。

元カレと再会する方法

元カレと再会する方法

では、どのように元カレと再会することができるのでしょうか。それには様々な方法があるのですが、今回は特に「同窓会に参加する」と「共通の知人を通す」という2つの方法をご紹介します。

これらの方法を試すことで、元カレとの再会が実現しやすいと思います。

同窓会に参加する

一番無理なく、自然に元カレと再会する方法といえば同窓会に参加することです。

これは元カレとあなたが共通の学校や団体の出身だった場合に特に有効な方法と言えます。

ただし、何も考えずに参加するのではなく、事前にしっかり準備をしておくことが大切です。

自分の魅力を再認識させるためにも、出会った時のイメージを保つためにも、身だしなみに気を付けることが必要です。

具体的には、スタイリッシュな服装にして髪型も整えましょう。

そして、実際に会った時の会話にも工夫を。自分がどのように成長したのか、何を学び取ったのかを具体的に伝えると良いでしょう。

無理に褒めるよりも、自然体で堂々と話すこと。これが、実は元カレを惹きつけるポイントなんです。

ただし、あくまでそこは同窓会。

他の友人とお喋りを楽しむことも忘れてはいけません。

彼だけを見つめるのではなく、周りの人たちともコミュニケーションをとることで、あなたの魅力が引き立つことでしょう。

そしてその様子をふと見つけた元カレが、改めてあなたに気づき、再評価するチャンスになるのです。

共通の知人を通す

次に、元カレと再会するもう一つの方法として「共通の知人を通す」という手法があります。

この方法は同窓会ほど大々的な場ではなく、もっとカジュアルな雰囲気で元カレと顔を合わせることができます。

たとえば、共通の友人が開くパーティーや、普通の飲み会に元カレを誘ってもらうなどが考えられます。

ただし、これには注意点があります。

あくまで共通の友人を通じて自然な形で再会することが大切で、あなたが元カレと再会したい意図を見透かされてしまっては元も子もありません。

絶妙なバランスが求められますね。

友人を通じて元カレと再会する場合でも、やはり自分自身が輝いて見えるように努力することが大切です。

元カレとセカンドパートナーになるきっかけ

元カレとセカンドパートナーになるきっかけ

では、元カレと再会することができたとして、どのようにして彼をセカンドパートナーとして付き合うことができるのでしょうか。

それには、元カレとの会話の中で何をするべきかがカギを握ります。

具体的には、「過去の思い出話をして楽しかった日々を思い出させる」「今の悩みを相談する」「元カレへの気持ちをさりげなく伝える」といったステップがあります。

過去の思い出話をして楽しかった日々を思い出させる

元カレとセカンドパートナーになるきっかけ|過去の思い出話をして楽しかった日々を思い出させる

元カレと再会した際には、まず過去の楽しかった思い出話をすることをおすすめします。

話し言葉のように気軽な感じで、あの頃の楽しかったエピソードを思い出させてみてください。

この思い出話が、元カレのあなたに対する気持ちを再燃させるための一つのきっかけになるかもしれません。

ただ、この時注意すべきは思い出話を持ち出すタイミング。

無理に彼の口から思い出話を引き出そうとせず、自然な流れで話題に上がるような雰囲気を作ってみてください。

なお、思い出話をするためには、あなたが元カレと過ごした時間を大切に思っていることが前提となります。

過去の思い出を彩るエピソードを思い出し、その感情に耳を傾けながら話すことが大切なんです。

そこで話し言葉のように気軽な感じで自然体のあなたを見せることが、本来のあなたを彼に理解してもらうきっかけとなります。

今の悩みを相談する

次に、あなたが今抱えている悩みを元カレに相談するのも一つのアプローチです。

これはあなたが彼に対して信用と信頼を寄せていることを示す行為でもあります。

また、悩みを相談することは相手にとってもあなたに対する有効な助けとなり、または必要性を感じる機会となります。

ただし、ここで注意すべきは自分の悩みを話すのはあくまで手段の一つであり、目的ではないということです。

あなたの悩みを彼に話すことで彼との関係性を深め、信頼関係を築いていくべきなのです。

あまり深刻な悩みや、彼が解決できなさそうなものは避けて、軽いトーンで話せるものを選ぶと良いでしょう。

元カレへの気持ちをさりげなく伝える

そして最後に、あなたの元カレへの気持ちを伝える。

これが一番難しい部分かもしれませんが、一番重要な部分でもあります。

ただし、直接的すぎると彼を驚かせてしまうかもしれません。

だからこそ、程よい距離感を保ちつつ、さりげなくあなたの気持ちを伝えることが必要です。

具体的には、どうやって伝えるかというと、例えば彼に対する感謝の気持ちを素直に伝えてみるのも一つ。

また、彼が喜びそうな話題を提供して、その反応を見ながらあなたが彼に対して何を思っているのかを感じさせてみてはいかがでしょうか。

あくまで彼を突き動かすのはあなたの言葉よりもあなた自身の行動と態度なので、素直で自然体なあなたを彼に見せてください。

それが、二人の新たな関係を築く第一歩になるかもしれませんよ。

まとめ

セカンドパートナーに既婚の元彼がピッタリな理由を紹介しました。

元彼はすでにお互いのことをわかっているので、プラトニックな関係を築きやすいです。

心の安定を保つのにふさわしい相手といえます。

セカンドパートナーを探している方は、元カレも候補に入れてみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次